森一郎と陰山英男

日比谷高校の英語教員だった森一郎先生は、それまでの力ずくの暗記法では、貴重な学習時間が有効に使えないと、大学入試によく出る英単語に絞った学習書を著しました。

試験にでる英単語―耳から覚える / 森 一郎


もう今から25年も前の話ですが、英語学習で「でる単」「しけ単」と呼ばれ、時の人となっていたように思います。森先生はその後、関西学院大学の教員になられました。

いま、教育界で時の人といえば、陰山英男先生ではないでしょうか。兵庫県出身、「百ます計算」の実践で有名な先生で、今年から立命館大学教授(兼 立命館小学校副校長)に就任されています。
[PR]
by himerits | 2006-08-30 02:29 | 立命館