雪化粧の金閣寺

衣笠キャンパスの近くには、修学旅行生にもおなじみの世界遺産金閣寺があります。

在学中は京都に住んでいたのですが、京都の冬は寒くて、年に何度かは雪が降っていたように思います。おかげで、雪化粧の金閣寺を見ることができました。こういうのは、近くに住んでいないと、なかなか見ることができませんよね。

金閣寺は1950年の金閣寺放火事件で焼失していて、現在見ることができるものは再建されたもの。事件は、立命館名誉館友・水上勉の小説「五番町夕霧楼」「金閣炎上」の題材にもなっています。
[PR]
by himerits | 2006-09-11 00:06 | 立命館