やる気と能力

1 あいつはやる気があるんだけど能力がない。
2 あいつは能力はあるんだけどやる気がない。

社会で評価されるのはどっちでしょうか?
諸説あると思いますが、最強なのは、両方の要素を組み合わせる事です。

第2回企業からの産学連携体制評価、立命館2年連続で1位(日経BP 産学連携事務局)によれば、産学連携の事例数と積極的な研究機関の順位は以下の通りです。

事例数
1位 東京大学
2位 京都大学
3位 大阪大学
4位 東北大学
5位 東京工業大学

積極性
1位 立命館大学
2位 東北大学
3位 九州大学
4位 筑波大学
5位 大阪大学

別に積極的でもないけど事例が出てしまうという東京大学と京都大学、東京工業大学は余裕の結果でしょうか。
しかし、素材が豊富にあるのに、積極的でないのは宝の持ち腐れの危険性があります。
そもそも、これまでさんざん国税を投入して知の財産をため込んできたのですから素材が豊富で当たり前。もっと社会に役立てるよう積極的に産学連携に取り組むのが社会的使命でしょう。
そこで、やる気満々大学との組み合わせが効果を発揮します。例えば、やる満々だけど素材に劣る立命館と素材が豊富だけど産学連携に熱心でない東京大学が連携すれば、史上最強、日本のためにもなると思います。

産学連携をいま以上進めるなら、学々連携も重要でしょう。関関同立とか言って、似たような組織ばかり集まって慰めあって(?)ないで、異質の学校との連携こそ意味があると思います。

P.S.
人気ブログランキングで、姫路立命会のブログが地域情報(近畿)で、ベスト50位にランクイン(45位)しました。クリックしていただいた方、ありがとうございます。今後ともよろしくお願いします。
[PR]
by himerits | 2006-09-18 08:58 | 立命館