姫路市/市周辺在住・立命館OBの会


by himerits

安全安心。食の「姫路」ブランド

「姫路ブランド」全国に広まれ 姫路市が農産物に共通マーク導入(Sankei Web)
姫路市は、市内で収穫された野菜などのブランド化を目指し、農産物の共通ブランドマークの導入を決めた。市は「まずは市民にその良さを知ってもらったうえで、いずれは『姫路ブランド』を全国に広めたい」と意気込んでおり、マークのデザインと愛称を募集している。
タケノコ(太市)、レンコン(大津区)、網干メロン(網干区)、姫路若菜(飾磨区)、夢そば(夢前町)、ユズ(安富町)…。地元ではある程度知られていても、「全国に向けて打って出るようなものはない」(同市農政総務課)という姫路産の農産物。
(中略)
姫路産の農産物であればこのブランドを名乗れることができる。同市は「『新鮮で安全安心』というイメージをPRしたい」と話している。

播磨を除く周囲の地域から見れば、姫路はお城など古い街、田舎イメージが強いので、野菜ブランドにはうってつけです。農産物の出荷量では農業特区などで知られる神戸市などの足元にも及びませんが、味や質で勝負して、また家島の魚など魚介類とも連携して姫路ブランドを育てたいものです。
[PR]
by himerits | 2006-11-04 06:32 | 姫路