姫路市/市周辺在住・立命館OBの会


by himerits

世界が注目、京都の映像文化

任天堂の勢いが留まるところを知りません。

Wii、100万台突破 「発売成功」と任天堂社長(Sankei Web)

任天堂が本社を京都に留めることと、京都の映像文化には何か関係があるのかもしれません。
観光を考える(姫路立命会)で、欧米の小中学生が京都で一番行きたいところは任天堂だという話を書きました。「観光として」という話ではありますが、「観光」が一般的なものから「学習」の要素を含むものに深化していく中で、観光と学習、観光と留学は一体化して行きます。

立命館大学、映像学部に任天堂のゲーム開発機材を導入(GAME WATCH)
立命館大学は、任天堂株式会社の協力により、映像学部の教育研究用として、ニンテンドーDSおよびニンテンドーゲームキューブのゲームソフトウェア開発機材を導入すると発表した。
同大学では、来年4月に映像学部を京都にある衣笠キャンパスに新設する。同学部は、映像分野におけるプロデュース能力を育成し、社会の活性化と生活の質の向上につながる映像文化を創造する人材育成を目的としている。

欧米のこうした小中学生には、将来ぜひとも立命館大学に留学してもらいたいところです。

参考
生涯学習と観光の境界(ひめナビブログ)
[PR]
by himerits | 2006-12-08 01:40 | 立命館