姫路市/市周辺在住・立命館OBの会


by himerits

京都・観光文化検定

ご当地検定ブームのきっかけともなった、京都・観光文化検定の第3回試験が、本日、立命館大学衣笠キャンパスや同志社大学新町キャンパス、大谷大学本部キャンパス、龍谷大学深草キャンパスで実施されました。

京都検定:申込者、総数・府内とも初の減少 1万人超は3年連続 /京都(毎日新聞)
初回から3年連続1万人をクリアしたものの、総申込者数・府内申込者数ともに初めて前回を下回った。村田純一会頭は「昨年に続き1万人を超えたのは検定が定着した証拠」と評価する一方、担当者は「地元での減少は大きな反省点」と、“物珍しさ”だけに頼らない魅力づくりを検討するという。

姫路でも減少です。

PR不足?姫路検定の応募者半減(神戸新聞)

御当地通には、全国のご当地検定が掲載されていますが、その数の多いこと。
県内だけでも明石タコ検定いたみ学検定試験(清酒検定)、有馬学検定、但馬検定、香住!カニ検定。
確かにこれほど供給過剰になれば、他地域からの応募にもさほど期待できず、そろそろブームも終わりの予感がします。

そんな中、神戸でも「神戸学検定」を来年からやるみたいです。(広報こうべ8月号
残念ながら、おそらく来年になったら、ブームは沈静化してると思われます。何かひとひねりなければ、検定を行うこと自体、話題にすらならないのではないでしょうか。
[PR]
by himerits | 2006-12-10 23:22 | 立命館