卒業生を大学経営に活かす

卒業生を大学経営に活かす試みが始まっています。

卒業生の力拝借(5)──講座やカード 優遇様々、重要顧客 経営に活用(日経ネット関西版)
大阪・梅田にある関西学院大学のサテライトキャンパスには仕事を終えたビジネスマンたちが集まる。
(中略)
来年1月末まで6回の講義が予定されるこの科目には21人の受講生が参加。このうちの8人は関学の卒業生だ。
(中略)
単に卒業生の愛校心にすがるのではなく、生涯を通して学びたい時に関学に戻ってきてもらえるよう教育プログラムを整えておくことが、今後の大学経営に欠かせないとの判断がある。

社会人が大学で学ぶということが一般的になってきました。大学が若者だけでなく、社会人にとっての再教育や交流の場にもなっているからです。
関学は、ここに関学OBのパワーを活用しようとしています。

卒業生から言えば、母校を「若き日の思い出」だけに留めずに、「使える」母校にしようじゃないかという発想ですね。
[PR]
by himerits | 2006-12-11 22:04 | 大学