公共交通機関の利用を

初詣でのお神酒自粛も 姫路市内の社寺(神戸新聞)
年末年始を迎え、飲酒運転の防止へ、姫路市内の社寺で、初詣で客へのお酒の振る舞いを中止する動きが出ている。本来お神酒は、神に奉納した後にお下がりとして口にする縁起物だが、事故防止へ“苦渋の決断”を迫られた格好だ。

お正月にお酒を控えるという方向もありますが、もう一つ、公共交通機関を利用するという方向もあります。
にも関わらず、お正月ダイヤと言って、普段より大幅に本数を減らしてしまうバス会社もあるので、困ってしまいます。

こういうときこそ、普段公共交通に乗らないような人にも乗ってもらいたいところなのですが。

参考
LRT幻想(姫路立命会)
[PR]
by himerits | 2006-12-30 14:52 | 姫路