即席ラーメンの父・安藤百福さん死去

即席ラーメンの父・安藤百福さん死去、96歳(YOMIURI ONLINE)
即席めんを発明し、世界の食文化に大きな影響を与えた日清食品の創業者で元社長の安藤百福氏(あんどう・ももふく=日本即席食品工業協会会長)が5日午後6時40分、急性心筋梗塞(こうそく)で死去した。96歳だった。

wikipediaによると、「1934年、立命館大学専門部経済科修了。1996年、立命館大学名誉博士。」とのこと。

安藤さんがいなかったら、人類はまだカップラーメンを食べていないかもしれません。発売時には想像できないくらい普及してしまいましたが・・。
小さい頃、ヤングおー!おー!というMBSのテレビ番組を見ていたのですが、日清食品がスポンサーで、カップヌードルを盛んに宣伝していたのを覚えています。
自動販売機からお湯が出てきたり、当時としては仕掛け自体が大変珍しかった。
また、袋入りのインスタントラーメンよりも高かったので、大晦日の年越しそばの変わりに食べたりと、しょっちゅう食べるものではなかった記憶があります。
[PR]
by himerits | 2007-01-06 01:31 | 立命館