立命館の夜学が無くなる

立命館が夜学から始まったというのは知っていましたが、このたび、閉鎖されるそうです。

創立時の夜学校の流れを組む夜間講義に幕 立命館大(asahi.com)
仕事をしながら学ぶ人たちに開かれてきた立命館大(京都市中京区)の「夜間主(しゅ)コース」が19日、正規のカリキュラムとしては最後の講義を終えた。同大学は1900年に夜学校として出発。創立時の流れを組むコースは106年で幕を閉じた。

私が学生時代の学部長は立命館の夜間を卒業されたと言っていました。

別の学校ですが、東京にいたとき、夜間授業を受けた経験があります。仕事帰りに時間ぎりぎりに学校に駆けつけるのですが、日によっては仕事のことが頭から離れず、授業に身が入らないということもありました。頭の切り替えがうまくいかないときがあるんですよね。

しかし、働きながら学ぶというのは、大いにニーズがあると思うのに、あっさりやめてしまうのは、違和感を感じざるを得ません。多様化の時代だといって入り口の入試をやたら複線化してきたのに、入った後の授業は画一的、合理的にというのでは話が合わないと思います。
[PR]
by himerits | 2007-01-19 23:34 | 立命館