姫路市/市周辺在住・立命館OBの会


by himerits

カテゴリ:立命館( 68 )

東京六大学早稲田慶應東大法政明治立教)は有名ですが、関西六大学というと、2リーグ分裂の影響もあって、あまりメジャーではありません。
むしろ、4つの私立大学を「関関同立」と呼んでいるほうが、メジャーな気がします。

この4大学ですが、就職活動の時に一群(ひとつのまとまり)として扱われていたように感じました。もう20年前の話ですが。

前身が関西法律学校の関西大学や、京都法政大学の立命館大学は、公務員志望が比較的多く、逆に関西学院大学同志社大学は、民間の大企業志向が強いという特徴がありました。

とくに同志社大学は、就職活動(会社訪問)に熱心な学生が多かったように思います。

立命館大学と同様、それぞれの学校の同窓会が姫路にもあります。
関西大学校友会姫路支部
関西学院同窓会姫路支部
同志社校友会兵庫県支部・姫路クラブ
[PR]
by himerits | 2006-09-09 00:04 | 立命館

立同戦と慶早戦

私は大学に入学するまで、「立同(りつどう)戦」などという言葉があることを知りませんでした。
関東の早慶戦に対して、関西では同立戦と言うことに何の疑いも持ちませんでした。

立命館大学の入学式で、「そこまで強く叩かんでもええやろ」と思わざるを得ないくらい激しい応援団の太鼓とともに、「立命館では同立戦とは言いません、立同戦と言います」の一言に父兄を含めて新入生で一杯の会場が、どっと沸いたのを今でも覚えています。

その徹底ぶりは、卒業までも卒業以降も続き、決して「同立戦」ということはありませんでした。

それに対して、慶應義塾大学では、「慶早(けいそう)戦」という言葉の地位がやや不安定です。塾生(慶應の学生)でも早慶戦と普通にいいます。もともとマスコミに強いと言われていた早稲田のOBが、「早慶戦」という言葉を定着させただけなのですが、慶早戦と言ってみたり、早慶戦と言ってみたり、全然徹底していません。

立命館の徹底ぶりはいつの時代にもあるのでしょうが、こういうところが立命館らしいといえば、らしいのでしょう。
[PR]
by himerits | 2006-09-06 00:11 | 立命館

読者モデルって何だ?

10年前ぐらいからタレントナビなる、タレントのリンク集をつくっていたのですが、最近になってタレント自らがブログを開設するケースが激増しています。とくに今年に入ってからは顕著な気がします。

と思っていたら、読者モデルブログなんてのもあるのに気がつきました。読者モデルって、「いったい何なんだ?」と思って調べたら、
ファッション雑誌に登場するファッションモデルのうち、一般読者として登場する女子大生やOLなどの肩書きで誌面に登場するモデルの総称。
(中略)
あくまでも、素人という範疇で括られながらも、専属モデルに並ぶ人気を博するものも少なくはない。

要するに素人のモデルなんだけど、人気が出てプロのモデルになるきっかけになる場合もあるという、非常にグレーな存在ですね。女優の小雪さんとか叶姉妹なんかが読者モデル出身だそうです。

epuda mania の読者モデル大井麻祐子さんは、産業社会学部の現役学生みたいですが、私が在学中の20年前でも産業社会学部は「立命館の甲南大」と言われて、独特の明るい雰囲気がありました。

参考
読者モデル(Happy LIFE) - テレビ局の方に聞いた話によると、「神戸読者モデル」というと、最近のモデル事情では、プロモデルを押しのけており、一人勝ち状態のようです・・・。(ブログより)
[PR]
by himerits | 2006-09-05 02:19 | 立命館
以前、自分の個人ブログで、Google Earthという地球儀ソフトの話題を書きました。航空写真に自宅の画像まではっきり映っているのです。
そこそこ新しい画像だったので、遠く離れた故郷が、最近どうなっているか覗いてみるという使い方にも使えるなぁと思いました。

翻って大学同窓会の場合、昔なつかしのキャンパスを覗くというのも面白いかと思います。

立命館大学衣笠キャンパス(Google Earth)

WindowsXPか2000、MacOSXのパソコンにインストールして使います。バージョン3だと動作は軽く、あまり性能は必要ないようです。(バージョン3ダウンロード

存心館(ぞんしんかん)前のグラウンドに芝生が生やされたようですね。私が在学中は、一面グラウンドで、体育の授業や、学園祭・新入生歓迎夜祭に使われていました。
存心館は、看板学部の法学部が広小路キャンパスから移ってきたばかりで、ぴっかぴかの学舎で羨ましかったのを覚えています。地味な建物が多い中、衣笠キャンパスの象徴のような感じで時計台がありますし。

存心館地下・食堂。(ノスタルジア・立命館)に、大変お世話になった存心館地下食堂のメニューが掲載されています。トレイの色は違うものの食堂の雰囲気やメニューの感じは20年前と大差ない気がします。
[PR]
by himerits | 2006-09-04 00:05 | 立命館

2つの引越し

今月、2つの引越しがあります。

1つは、立命館大学校友会が大学本部とともに、衣笠キャンパスから新設の朱雀キャンパスに引っ越します。

朱雀キャンパス(中川会館)の整備進む!!(立命館校友会)

校友会本部は、9月13日(水)に移転の予定とか。

もう1つの引越しは、姫路立命会の三役会等で利用させて頂いた尾上会計事務所が、大手前ビルから姫路市南条に移転されます。
[PR]
by himerits | 2006-09-03 00:09 | 立命館
海外からの留学生が学生の半数を占める立命館アジア太平洋大学青山学院大学客員教授で、元ソニー人事部長の中田研一郎さんが、昨年暮れにこの学校を訪問されました。

国際化の先端を行く立命館アジア太平洋大学(「中田塾」~プロフェッショナル人材とは~)
企業で海外駐在しても日本人だけでかたまり、日本を海外に持ち出して異文化も理解せず語学も上達しないまま帰国する人が大勢います。そんな海外駐在をするくらいならAPUに数ヶ月留学したほうが、いい経験になるのではないかとすら思いました。 大分県の全面的なバックアップと経団連をはじめとする財界の寄付で、発展途上国からの留学も可能となっている由と聞いて、日本にも心ある人は大勢いて的確な手を打っていることを知り、日本も捨てたものではないと大変うれしく思いました。

6年前開学したばかりの新設校ですが、九州の「大学ブランドパワー」で九州大学に次ぐ2位にランキングされています。

参考 電通九州

私のゼミ教授がこの大学の初代学長だったこともあり、開学前から興味がありました。計画は野心的でしたが、「大分県の山奥に果たして人が集まるのだろうか?」と、流石に懐疑的にならざるを得ませんでした。
一般的に言って、大学の先生は理想主義に走りすぎ、現実を直視しない嫌いがあるからです。
関係者の努力が実って、九州その他で評価される大学になっていることは、驚くべきことですし、多くの立命館OBも同じような意見を持たれているのではないでしょうか。

国立大学が独立法人化され、大競争時代に入った中、私立大学が国立大学法人と同じようなことをやっていては勝負にならない。そうした危機意識と行動力があったのでしょうね。
[PR]
by himerits | 2006-08-31 00:04 | 立命館

森一郎と陰山英男

日比谷高校の英語教員だった森一郎先生は、それまでの力ずくの暗記法では、貴重な学習時間が有効に使えないと、大学入試によく出る英単語に絞った学習書を著しました。

試験にでる英単語―耳から覚える / 森 一郎


もう今から25年も前の話ですが、英語学習で「でる単」「しけ単」と呼ばれ、時の人となっていたように思います。森先生はその後、関西学院大学の教員になられました。

いま、教育界で時の人といえば、陰山英男先生ではないでしょうか。兵庫県出身、「百ます計算」の実践で有名な先生で、今年から立命館大学教授(兼 立命館小学校副校長)に就任されています。
[PR]
by himerits | 2006-08-30 02:29 | 立命館
1986年3月経済学部卒業のmikiです。
もともと姫路で生まれ育ち、大学は京都で、就職はまた姫路です。

いま経済学部は滋賀県草津市にあるのですが、当時は京都市北区衣笠(きぬがさ)にありました。経済学部と経営学部は以学館(いがくかん)という建物に同居していたのですが、この時、現ヤクルト監督の古田敦也さんが同じ建物で学んでおられたようです。

経済・経営学部が移転した後、以学館には産業社会学部が入り、倉木麻衣さんが学んだところでもあります。

以学館の建物は羽が生えた鳥のような形をしていますが、航空写真で空から見ると、立命館の「立」の字に見えるようになっています。

さて、この衣笠キャンパスですが、その昔はプロ野球の本拠地球場があったということをご存知でしょうか?

松竹ロビンスというセリーグの初代優勝チームが本拠地にしていた衣笠球場があったところです。

観戦の前に、世界遺産金閣寺龍安寺の境内を散歩するなど、優雅な野球観戦だったのでしょうかね。
[PR]
by himerits | 2006-08-29 01:24 | 立命館